何と言われても税理士になりたい

働きながら受験をしているとついつい忘れそうになること。
「自分のために頑張る(勉強する)」こと。
仕事を頑張れば、会社(上司)からの評価が上がります。
それに伴い給料も上がります(会社によりますが)。
対顧客の仕事をしていると顧客にも喜ばれます。
社内の人間からも喜ばれます。
同じ考えの方もいらっしゃると思いますが、
人に喜ばれると自分も嬉しくてついつい頑張ってしまいます。
でも、それではダメなこともあります。
なぜなら、私は「税理士試験の受験生」だからです。
限られた時間の中で勉強にきちんとした時間を割くと、
就業時間が他の人より短くなります。
効率よくやることである程度はカバーできますが、限度はあります。
仕事に100%専念していればもっと社内のこと・社外のこと考えられることも、
どうしても勉強のことで頭がいっぱいになります。
これは私が単純なだけなのかもしれませんが。
そして、何より勉強を頑張っても評価も給料も上がりませんし、
社内外問わずほとんどの人は喜んではくれません。
幸いなことに少数ですが取引先や顧客で応援して下さる方々がおり、
その方々は試験が近くなると
「次お会いするのは試験後にしましょう」とか
「この議題は試験が終わってから着手してもらって構いません」って
私の試験に都合を合わせてくれるので、本当に恵まれていますが。
ですが、それは本当に一部の例外で、多くの人(特に社内)は
むしろ勉強にはよくて無関心、普通には反対で、仕事に専念してほしいというカンジです。
で、たまに「勉強してないで仕事してくれ」っていう言葉や態度を受けます。
そうなると、ついつい仕事に傾倒しそうになりますが、
じゃあ、仕事に没頭して、税理士試験が合格出来なかったら、
「私の税理士としての将来」に変わる何かを与えてくれるでしょうか?
それはNoでしょう。
税理士になってやりたいこと、叶えたいこと、得たいもの、たくさんあります。
仕事内容も、従業員も、顧客も、人脈も、もちろんお金も、たくさん目指すものがあります。
税理士を諦めてまで得たいと思うものがなければ、
仕事に没頭して、将来税理士資格が取れなかった時、
絶対に後悔すると思います。
だから、「勉強ばっかりして」「仕事に本気になっていない」等
何を言われても構わない、そう決めました。
今、評価されないこと、喜ばれないことを犠牲にはなりますが、
その分、早く税理士になれたら、今より出来ることが増える、
喜んでもらえる人が増える、それでいいんだと思います。
何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない。
将来のために、今は評価・給料・感謝を犠牲にする。
その代わり、少しでも早く税理士になる。
これは私の決心です。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。