そしてまた注記にやられる…

財表答練でした。
先に解いた補助問題がそれほど難しくなかったので、
答練も?とすっかり油断して臨みました。
結果は
B/S・P/Lは繰越利益剰余金・当期純利益まで全て正解。
貸借差額もバッチリ!
これは満点取れるぞ!!と思った矢先でした。
やっぱりダメでしたね。
注記が。。。
数字は合ってるんです。
書く内容もそれなりにあってるんですが、
用語ベースで認めてもらえるか?が不安。
(というかほぼダメだと思う)
例を挙げると
事業年度末日発行済株式数→当末発行済株式数
新株予約権の目的となる~→新株予約権の対象となる~
とか、言いたいことは伝わってるから◯くれるといいな~と思うばかりです。
そして、前回の答練が返却されました。
1個嬉しかったのが、
前回の答練で回答欄1個ズレて書いてるのに後から気づいて
すっごい小さい字で書きなおしたのですが、その問が満点でした。
財表勉強始めて初めての満点です☆
それ見てモチベーション回復したので、
この調子で頑張ります☆
スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。