簿記論の過去問62回・63回

今日は財務諸表論の理論祭りからの
簿記論の過去問。
簿記論は62回・63回。
点数はケアレスミスが悔やまれますが、どっちも58点。

(合格ラインは50点前後らしい)
共通してたのは、
・理論は採点せず
・苦手論点の帳簿組織が謎の満点
・同じく苦手なキャッシュフローもまぐれの満点
・本支店会計がボロボロ(苦笑)
・時間が足りませんでした(´・_・`)
点数は同じですが、62回は第3問で恥ずかしいレベルのケアレスミスで10点ロス。。。
時間が足りないとすぐこんなカンジですね。。
63回は配点は参考にならないのではないか?と思います。
第3問、回答要求箇所がちょうど50箇所で、すべて1点配点。
ざっと見ても10点くらいは捨て論点っぽいので、本試験でここに配点があったとは思えないのですが。。。
今度簿記論の先生に何点くらい取れるべきだったのか聞いてみます。
簿記論の先生厳しいので、
上級演習も「これくらいのレベルなら満点取ってください」と
サラッと言っちゃう人なので、厳しめの意見がもらえるはず(。-_-。)
とは言え、最近点数が取れてきたので、
少し天狗の鼻へし折るくらいの危機感がほしいところなので、
この点数は奮起材料になりますね。
ゴールデンウイークは予定通り財務諸表論の強化に充てますが、
ゴールデンウイーク明けからは計算のスピード強化も合わせてる頑張ります。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。