財務諸表論ショック

ここ1ヶ月くらいで一番疲れた答練になりました。
昨日は財務諸表論の答練だったのですが、疲れ過ぎて終わった後しばらく放心してました。
難しくて解けない問題は年明け以降しばしばありましたが、
昨日のは「メジャーな項目(有価証券とか金銭債権とか)でマイナーな論点と誤処理のコンボ」で聞いてくる問題だったので、解けそうなカンジはするんですが、正解が遠かったです。
親会社株式がでたり、リースバックが出たりとわりとマイナーな論点から、
車両の買い替えで「そんな経理処理の間違い、素人でもしませんて」って言う誤処理してて簿価がよく分からなかったり…
マイナーな論点を修正仕訳で書くのは結構大変なことが分かりました。
そして、配点。
絶対点があると思った退職給付関係、経過勘定項目に配点があまりないのと、なんとか解けた論点に配点がなかったりで、点数もボロボロでした。
それなりにやれたつもりだっただけに点数が…((((;゚Д゚)))))))だったので、尚更ショックが大きかったです。
しばらく立ち直れないかも(* >ω<) といいつつ、今日もガッチリ勉強してます。 嫌なことがあった時は別のことしてリフレッシュできますが、勉強の嫌なことは勉強でしか取り戻せないと思ってます。 だから、出来なくて悔しいし、凹みますけど、勉強するしかないですよね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。