巡り合わせ(相続税法)

「物事には縁やタイミングがあって、それが巡ってきた時は確実にものにしなければいけない」

圧倒的に要領もタイミングも運も悪い私が言っても説得力がないんですが、何かにつけて心がけていることです。

今年の相続税法はたぶん私にとってそんな年だったのではないか?と勝手に感じたので少しそれに触れたいと思います。

前の記事でも書きましたが、今年の相続税法の本試験は理論が「延納・物納・株の納税猶予」でした。

延納・物納はTACが相当推していたのもあり、答練で何度も解き、そして本試験直前の自習で最後に書いた理論であり、自信を持って本試験に持っていきました。

ただ、物納は今回改正があったとはいえ、申請件数が年々減少しており、今更感が高いため出るか?と言われると懐疑的だったのは間違いありませんでした。

ただ、それを試験前週にツイッターでつぶやいたら、フォロワーさんが「理論の予想では高いランクだから持っていった方がいい」とアドバイスしてくださいました。

それで自分の中で重要度を下げずに残し続けることが出来ました。

改めてフォロワーのみなさんには感謝です。

株の納税猶予は理論マスターは巻末に掲載、理論サブノートには未掲載の「用語の意義」が問われました。

理論サブノート未掲載の時点で大原の方は1~2行作文対応したくらい。TACも掲載していると言っても授業でもほぼ取り上げない、暗記範囲にも入っていない、答練にも出さない措置法の用語の意義ですから書けたかというと正直ほぼ無理なのでは?と思っていました。

ただ、運が良いことに、実は私、この措置法の用語の意義は押さえていたんです。

理由はいくつかありますが、丸暗記が苦手で理解しながら覚えたいタイプなので、納税猶予でいきなり「認定贈与承継会社の~」とか「経営承継受贈者が~」とか言われても「??」ってなったので、理論暗記の際に一緒に巻末も覚えたというのが一つ。

もう一つは、フォロワーの尊敬している税理士の方が「予備校が押す・押さないに関わらず自分が重要と思ったものは勉強する」という姿勢に影響を受けたのはありました。

株の納税猶予は理論マスターの本編に載っていることも非常に重要ですが、それと同じくらい「立法当初、要件が厳しく申請件数が増えないため改正された」という背景を知っていたため、その問題の対象となっていた「認定贈与承継会社」や「経営承継受贈者」の要件は重要と踏んでいたため、聞かれたら回答出来るようにはしていました。

措置法の用語の意義だけで20題ある(医療法人のとか1~2行のものとかもありますけど)ので、法人の123題と相続の本編64題にこれを加えると200題超えるので、理論の暗記はとてつもない苦痛でした。

なので、さすがに今までの傾向では出ないし、万が一出てもこれが書ける人はほぼいない=合否に影響しないと踏んで用語の意義は多少頻度を落としてしまいましたけど。

だから、出た時は「やった!」と思うのと同時に「いや、自分もさすがに完璧には書けないし、他の人はほとんど書けないから捨てるorとにかく時間掛けないように略して、他のところに時間を掛けた方が良いか?」という迷いが出るほどでした。それくらい穴だったと思います。

でも、多少作文になってしまったところはあるとしても、明らかに用語の意義にしか出てこない点は書いて差別化は出来たと思うので、そこはきちんと点がほしいと切に感じています。

そして、その流れで覚えた納税猶予額の計算は暦年・精算課税共に理論で覚えたので合わせられました。

なので、理論は作文になっているところと、書き間違いがあれば多少削られるとしても満点に近い出来には持っていけたはずなんです。

計算も、直前期のマイナーな宅地や株の評価も出たものは押さえつつも、難しい評価や引掛けをクリア出来る能力ではなく、基礎的なことを純度高く回答する能力で合否を分けると思っていたため、難しい通達・質疑応答・実務書などに時間を割くのではなく、とにかく基礎を大事に、精度を上げること、基本的な論点を絶対に落とさないことを心がけたため、今回のような比較的難易度の低い計算は想定通り(いや、さすがに想定以上でしたけど)だったため、まさかの株の改正前評価以外はほぼ正答出来ました。

なので、理論で延納・物納・株の納税猶予が出たと分かった時、そして計算を解いている最中に「これは今年受からないといけない年だ」と感じました。

昨年の法人は問題もさることながら、全体として正直流れが非常に悪かったのも事実でした。

それと比べて今年は色んなめぐり合わせがあって、流れが向いたので、結果もついてきてほしいと感じました。

12月、良い報告が出来ることを期待して待ちたいと思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。