全経上級受けてきました!

全経上級が終了しました!

直前まで間違いノートを見返しながら、
でも、試験10分前には切り上げて集中モードに入っていました。

自己採点してみた結果としては

【商業簿記】
連結の修正仕訳は出てくるだろうと思っていたのですが、
段階取得との組み合わせだったので理解力が足らずに✕。
出るような気はしていたので、サラッとはやっていたのですが、
正解を書くまでには至っていませんでした。。。

更にノーマークの持分法が出たため、痛いロス。
持分法はあとで回答書き直したら書き直す前が正解だったというデジャブ…
総合問題は比較的出来ました。

配点がわからないのと、部分点がもらえるか次第ですが、70点ギリギリとれるかなぁ…くらい。

【原価計算】
理論問題をラスト1週間復習したおかげで苦手だった◯✕問題は比較的好調。
ただ、問われていることは分かっていたのに「株主資本」を「払込資本」って書いたり、
「割引前将来キャッシュフロー」を「見積将来キャッシュフロー」って書いたりと、
細かい単語の書き間違いでロス。

記述式の部分点次第ですが70点は超えたと思います。

【工業簿記】
日商簿記1級であれだけ出たのに、全経で全然でなくて忘れかけてた「標準原価計算」オンリー。
ここも「予算差異」を「変動予算差異」とか、
「操業度差異」を「固定費操業度差異」って書いたりしました。
(これ、言ってることはあってるんだから◯もらえたりしないんですかね?)

これらのロスと記述の点数次第ですが、これも70点は取れそうです。

【原価計算】
今回のダークホース

原価計算に完全に足をすくわれました。

工業簿記が終わるまでは「これはもしかして!」と思って原価計算に突入。
「どうせいつもの意思決定だろうから、落ち着いて解けば合格だ!」と思って問題を見たら、
意思決定の「い」の字もなく、なんと今まで見たことも無い問題が…!

マズイ!
そう思ってました。

ここは過去問メインでやっていた人間にとっては辛い現実。
しかも難しい。。

よもや足切りかと思ってましたが、何とか埋めた前半部分で足切りは回避しているようです。

ただ、今回最大の山場だった残余利益について。
問5~7が残余利益の問題で、ハッキリいってちんぷんかんぷんだったのですが、
ダメ元で回答を書いて、問5だけ最後に書き直しました。

そしたら、問5は書きなおさなければ正解だったっていう、もう泣くしかない結果に。

ライフサイクルコスティングも過去に1回だけ解いたような気がしますが、
まさか出るとは思ってなかったので、得点源にはならず。

ということで足切りは回避しているかもしれませんが、合格点には遠く及ばず。

結果、商業簿記は合格点に乗れば御の字という点数。
合格点を超えていそうなのは会計学と工業簿記ですが、それでも大きなアドバンテージにはならず。
原価計算は足切り回避が精一杯。

ということで原価計算が足を引っ張って、どうも難しいようです。

とはいえ、可能性はゼロじゃないので、合格発表を待ちたいと思います。

今回の出来次第では、6月の日商簿記1級をパスして、
そのまま税理士試験の勉強に移る予定だったのですが、
これは6月の日商簿記を受けることになりそうな…

そうなると今年の税理士試験は受けられません。。。

あ~、悔しい。合格しててほしい。
でも難しいんだろうなぁ。。。

結果はさておき、頑張りました。よかったら励ましのクリックをお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ

スポンサーリンク

この記事をシェアする