大原全国模試を受けました

大原の全国模試を受けてきました。

細かいことまでは書きませんが、内容等には触れますので、まだの方はご注意頂ければと思います。

…と言っても見えてしまう方とかもいらっしゃるので、毎回どのタイミングで書くのが御覧頂いている方にベストか?は悩むところですが、私だったら出来るだけタイムリーに見たい方なので今書きます。

タイムリーにというのには二つ意味があって、直前期において1週間という時間の差は非常に大きく、受けるのが1週間違うと別人が受けたレベルで成績が変わってきます。

なので、「この週末に受けた」人間の感想ということで記すことに意味があると思っているのが一つ。

もう一つはこの週末に受けた人にとってなるべく受けた直後の状態で情報を共有することが比較の意味では役に立つと思っているので、もう受け終わった人向けには早く書いておきたいというのが一つです。

(とは言っても一個一個回顧するわけではないので、そこまでの有用性はないですが…)

ということで、感想です。

~法人~

理論3枚、計算5枚という時点で「去年の本試験か…?」ということで理論は22条、計算は永橋欄と予測していましたが、まさにでした。

難易度としてはかなり簡単だったと感じましたが、どうでしょう?

計算はうっかりミス2箇所しましたが、たぶんそれだけなので46点は固いかな。

理論もほぼ点は取れているはずなんですが、大原採点なので、どれだけ点くれるかな…?

大原はTACより計算過程やコメントに配点があるという印象なので、コメントはいつもより丁寧に書きましたが、今回に限ってはほとんど最終値に点数が振ってあったので、とにかく最終値勝負したい私に向いた配点だったのは間違いないとは思います。

とはいえ、あと一歩で差引所得まで合わせられたのと、十分それが狙えたのにそれが出来なかったのはまだまだ実力不足ですね…

~相続~

理論は理論マスターベースで言えばほぼ完璧。

模範解答見て言い回しとかが違うので、理論マスターと理論サブノートの違いで「こんなに違うんだ!」って知りました。

とはいえ、言っていることが違うわけではないですし、むしろ模範解答より条文に近い形では書いているので、そこはちゃんと点はほしいところですが…まぁ大原の講師をやっていた方に聞くと「理論サブノートの言い回しじゃないから」は大原の模試においては減点の理由としては十分らしいので、ある程度引かれることは覚悟しておきます。

それとは別にうっかり書き足りないところとかもあるかもしれないので、答案返却は楽しみに待ちたいと思います。そこで書き損じがあったらそれは自分の反省点ですので!

それ以外で減点されていたら、それは予備校の違いで本試験には影響ないところなので凹まずにいきたいと思います。

計算は時間配分等は良かったのですし、全体的なデキは良かったのですが、勿体ないミスがいくつかありました。

これを初見でミスらずに合わせられるか?に懸かっているので、初期記入の精度をとにかく上げていきたいと思います。

配点箇所はやはりTACとは違いましたが、「えっ、ここは配点ないと思って略しちゃった」というのは無かったので、大原の方が普段からこれくらいのコメントや計算過程の書き方ならば、現状自分の書き方で他の人は書くけど、自分は書かないというところはあまり無いということは安心材料になりました。

何より心配していた理論が他校模試でもきちんと書けたことは正直ホッとしました。

全体として、なるべく突拍子もないものは避けつつも本試験想定した出題(というか昨年の本試験をよく参考にしている)でしたし、無駄に難易度上げるのではなく、きちんと解けるレベルの中でというのは感じましたので、良い問題だったと思います。解いていて楽しかったです。

あと、内容とは違うのですが、税法2科目連続というのが初めてなので、どうしても相続の途中で一度手が痛くなってスピードが落ちたり、集中力が切れそうになるので、コンディションの維持というのが本試験の課題になりそうな気がしています…

コンディションという意味で言うと法人の最初の30分の頭が回っていない感も酷いので、そこも課題ですかね…

総じて、先月のTACの全国模試が悔いの残る結果(特に理論)だったので、ちゃんと挽回できたということ、この1ヶ月の努力は無駄ではなかったし、努力の方向性は間違っていないという自信が付きました。

成績は両科目とも厳し目でも85点くらい?は取れていてほしいところですが、理論の採点次第ですし、前述の通り他校採点なので順位はあくまで目安程度に考えたいと思います。

何より私がこれだけ取れるなら、たぶん平均点はすごく高いんだろうな…という可能性は否定できないのが悲しいところですが……

ただ、今までTACでしか受けていないので、TACの中で上位でも大原の方を加えたら全然平凡だったらどうしよう?という不安が解消されたのは精神衛生上、本当に良かったです。

残り日数がどんどん少なくなってきて焦りばかりが募っていますが、諦めないでがんばります。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。