やっぱり応用期はあっという間

一昨年の簿財の時、昨年の法人の時、そして今年の法人・相続のときにおいてもやっぱり感じたこと。

応用期(1~4月)は本当にあっという間だ…

仕事が忙しいのはあると思いますし、何より上級コースだから毎週答練→講義→答練→講義を目まぐるしく過ごすので、尚更あっという間に感じるんでしょうけど。。。

本当にこの時期にやっておきたいことや進めたいことなど、色々あったはずなのに、全然できず。

もっと言うと、今年は理論の勉強方法を迷走してしまったのもあって、逆に退化した??とさえ感じるような状況でもありました。

とはいえ、最近の上級演習は徐々に成績も上がってきましたし、一応直前期を向かえられそうです。

受験科目をどうするか?はまだ悩み中。

直前期を前に受験科目を絞る方も周りで見受けられるので、自分もどうするか決めないとな~と思っています。

がんばろう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    5科目合格の税理士です。
    ゆっきーさんのブログを拝見して自分の受験生時代を思い出しました。
    仕事しながらの複数受験は本当に尊敬します。自分自身が(ラスト一科目を除いて)最後まで出来なかったことでした。
    結局自分の才能の限界を感じ、一年一科目合格のペースで5年で税理士になりましたが、同じ時期に勉強していた人が二科目ダブル合格を果たし、4年で合格したことは今でも歯がゆく思います。
    自分の才能を信じきれるかどうかだと思います。どうか頑張ってください。

    • ゆっきー より:

      匿名税理士さん
      返信遅くなってしまい大変申し訳ございません。
      コメント拝見して、すごく含蓄があって、このコメントを頂いてから「自分の才能を信じる」というのを心に置くようにしました。
      10年掛かると言われる試験ですし、私が昨年合格科目なしということから見ても、1年1科目でも本当にすごいことだとカンジてます。
      また、機会があればコメントお待ちしております(今度は返信早くします…)

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。