日商簿記1級受験&自己採点

昨年11月のリベンジをすべく日商簿記1級受験してきました!

工業簿記を捨てる作戦が果たして功を奏するのか?
そして、出たら途中退室もありえる連結は出るのか?
が、大きなポイントでした。

「はじめ!」の合図で解答用紙を見て、ビックリ!

ついに本支店会計が出た(しかも在外支店)!!

そして、連結の次に(ある意味連結以上に)苦手だった企業合併の
しかも一番苦手な株式移転が出た!!!

この時点で若干投げやりになりました(苦笑)

本支店会計と連結は問題全体がそれに関するものになってしまうので、
個別論点で点数稼ぐのが難しいんですよね。

工業簿記・原価計算は工業簿記で1箇所勘違いをしてしまいましたが、
それと理論以外は予想に反して出来ました。

ただ、自己採点の結果としては
商業簿記12点
会計学10点
工業簿記19点
原価計算19点
合計60点でした。。。。

う~ん、本支店会計と企業合併は聞けば出来なかった方も多いようなので、
傾斜の恩恵がないかなぁ~と密かに期待しています(笑)

工業簿記・原価計算は◯の数・比率の割にこんなもんなのかなー?
もう少し点があってもいい気もするんだけどなー(笑)

全経上級の時は出来ない人が多かった原価計算が出来てて、
比較的簡単だったはずの会計学が出来なかったので、
逆に傾斜の煽りを受けて、不合格になったことを考えると、

今回はみんなが出来ていない商業簿記・会計学に傾斜が掛かれば
もしかして・・・なので、ちょっと期待したいところです。

とはいえ、全経上級がダメだった時に
「傾斜の恩恵や合格率の調整で合格にさせてもらおうと思っている時点でダメだ」と
言ったのは私自身なので、試験結果は待ちつつも、
切り替えて7月全経上級に向けて明日から頑張りたいと思います!

あ~、スッキリ合格点取りたかったな~。

でも、前回は自己採点の段階では会計学足切りを含む、49点だったような記憶なので、
それよりは半年で大きく前進しました!

飽きっぽい自分がここまでやれたのは応援してくださった皆さんのおかげです。

これで諦めずにこれからも頑張りたいと思いますので、
今後共ご愛顧のほど、よろしくお願いします!

いつもありがとうございます。
応援のクリックをお願いします♪
にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. ゆっきー より:

    ARATAさん
    ありがとうございます。
    商業簿記、難しかったですね。。。
    ただの本支店会計が出たというだけでなく、引っ掛けが多かった気がします。
    (それにキレイに引っかかる私が悪いんですが)

    応援ありがとうございます!
    7月全経上級頑張ります!