悔しいけど一歩だけ前へ

昨年、法人が不合格だったことについて、正直を言えば受け入れきれていない部分は拭えていません。

完璧ではなかったですし、「あ~、間違えた~」っていうところもありました。

しかし、決してデキ自体は悪くなかったこと、先生に聞いてみたら答案の状況としては十分合格者の答案と同等、もしくはそれ以上のものだったこと、そして、自分自身として何としても1年で法人を終わらせるつもりだったので、掛けられる時間・努力・思考…いろんなものを費やしたこと…

その上で、あの問題、あの結果だったことについては一重に納得できるものではありませんでした。

それは先生が折りに触れ昨年の本試験の見解を述べる際に「専門学校的には別解が生じるものが多かったが、私個人的にはあの資料の出し方であれば回答すべき答えは一つしかない」というその回答をことごとく私の回答と一致していたことを知り、納得できない気持ちは今でも無くなってはくれません(涙)

なので、たま~に、「法人は現状維持(昨年の本試験を受けたときのレベルをキープ)にとどめて、それで今年受けて合格して、問題が悪かったんだって言ってやりたい」っていう気持ちも出たりもします。(とはいえ、実際はなるべく勉強時間を相続に充てたいという考えもあってのことですが)

でも、それで今年合格できるかは分かりませんし、それで合格できなかったら今度は間違いなく後悔するだろうって思ったので、やっぱり法人も頑張ろうって思っています。

何より、人生の一つ一つには意味があると思っていて、それを有意義なものにするか無意味な時間として過ごすかはその人次第だって思っているので、私が今年法人を受けることにはきっと大事な何かがあって、その意味を理解することと、有意義なものに出来るか?は私自身に懸かっていると思うようにしています。

それは、資格試験は早く受かってなんぼ、と思っている自分だからこそ、尚更その意味を知らないと、単なる「遠回り」で終わってしまうとカンジたのです。

なので、先生を変えて、去年の先生とは違うアプローチの理解を得ること、去年の先生ではやらなかった論点をやること、自分の理解を深めること、たくさんのことに挑戦したいと思っています。

とはいえ、カリキュラムの中でやること自体は正直昨年1回やったわけで、そんなに真新しいことの連続……とはいきません。

ですが、せっかくなので、1つの講義で一つ、1回の答練で一つ、必ず何かを得ること、一歩だけ前に進むこと、それを意識して臨んでいます。

短期合格は諦めていません。

今年法人と相続を合格して、来年で終わらせる、そのつもりで頑張ります。

不合格で科目数は前に進めなかったけど、今年はそれを倍返しできる一年にしていきたいです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。