少し感覚が戻った気がしています

年が明けて早くも1ヶ月が経とうとしています。

上級演習は今のところ法人も相続も難易度は控えめ。

限りなく満点勝負に近い状態なんだろうな…くらいの状態です。

私はと言うと、うっかりミス、というか信じられないミスを頻発させて満点争いからは一歩退いております。

幸いなのは後から見た時に「え~、知らなかった!」っていう論点は今のところないこと。

なので、ちゃんと問題文読んで、焦らずに回答を書ければ満点争いできなくはない状態だとは思います。

…それが難しいんですけどね。

とりあえずショックなのはこの1ヶ月で

・理論を1問まるごと飛ばした(1回)

・計算して電卓に出た数字と違う数字を回答欄に書いた(複数回)

・書いてる数字と違う数字を足した(複数回)

というのをやらかしているので、「私、本当に大丈夫??」って不安になります…

3つ目が分かりづらいのですが、

例えば、解答用紙に「15+18-4」って書いていて、

それを足したら「29」になるはずなんですが、電卓叩く際に、

「2つ目は25だったよね」って頭で考えながら電卓叩いているらしく、

「15+25-4」って電卓叩いて「36」を回答するみたいなミスです。

正直あんまり共感は得られないんですが、これ、個人的には以前から時々やらかしてます。

何のための計算過程欄なんだか…

問題に集中していないんでしょうね…

でも、法人は感覚が徐々に戻ってきたのか、先生が「これは難しい」「これは解けなくても大丈夫」っていう論点までだいたい合わせられるようになってきました。

(その分、すごく簡単なところでいくつかやらかすので、決して褒められたものではないんですが…)

集中力が足りない原因はいくつかあるんですが、一つは緊張感なんだと思います。

直前期のあの感覚にはまだほど遠い、のんびりした状態で毎回答練を受けています。

というか、答練に対する緊張感というか危機感がないので、毎回「上級演習はじめまーす」って言われて「えっ、今日??」ってなってます。

おかしいですね、こんなマイペースキャラではなかったはずなんですが…

気をつけます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。