2016年もありがとうございました

2016年、大晦日。

色々ありましたけど、無事に年を越せそうでホッとしています。

今年は残念ながら試験で結果を出せなくてツライ思いをしました。

思うことは色々あれど、合格する以外の道はありませんし、

そうなるまで頑張って勉強する以外の選択肢はありません。

その方法でしか私は税理士になれないのですから。

今年の反省点は何と言っても勉強時間。

もちろん勉強はしていたのですが、優先順位が落ちていた時期もあり(単に仕事等が忙しかっただけでもありますが)、思うように勉強できなかった時期もありました。

税理士法人勤務の方から私と同じくらいの忙しさの受験生の方の状況を伺いました。

ほとんどが受験までこぎ着けていないか、出来ている人でも初学者で不合格C、経験者で不合格Bくらいでした。

だから、私の成績や過程は十分すごいこと、とフォローはしていただきましたが、自分に厳しくするとしたら「合格していないという意味では同じ」です。

ただ、一つわかったのは、今の私と同じくらいの状況の人は受験すらままならないということは、今の私の勉強時間や生活状況では決して短期合格できるような状況ではないということ。

私がしたいのはなるべく短期での合格であって、必要以上に忙しい状態で合格して「忙しいけど合格できました」と言うことではないんですよね…

だから、忙しい状況でも成績と成果、そして結果を残すことよりはなるべく短期合格出来ている方々に近い状態に自分を持っていって、なるべく短期で合格しやすい環境を自分で作らないといけません。

だから、来年は勉強時間にも拘っていきたい。

頼まれる他の人のフォロー、任される新規事業、次々と来る依頼、振られる仕事…

社会人として業界人として成長していく意味ではすごく大事なことですが、それは資格を取ってからでも遅くはないですし、むしろ受験との二足のわらじ状態でどちらも中途半端にならないようにすることの方が双方にとってメリットがあるはず。

それを自分が忘れないようにして勉強時間・勉強量でも短期合格されている方と同じ水準まで持っていきたい。

頑張って、合格したい。

そう思う2016年大晦日でした。

いきなりは難しいかもしれませんが、徐々に改善しつつ、来年の合格発表は笑って迎えられるようにしていきたいと思いました。

今年一年本当にありがとうございました。

来年もがんばりますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。