全経上級を受けてきました! 結果は…

第175回 全経上級試験を受けてきました!

受け終えた感触としてはそこそこの手応えがありました。

とりあえずネットスクールの解答速報が出ていたので、
ざっと自己採点した上での全体的な感触としては…
「合否は微妙」です。

ネットスクールのそのままの配点だと合格点には足りていないのですが、
前回2月の時は会計学・工業簿記が予備校の配点からマイナス15~20点、
原価計算が予備校の配点プラス20点だったので、
正直、鵜呑みには出来ないので、結果を待ちたいと思います。

今回明確に言えるのは
「原価計算でのミスが合否を分けるかもしれない」ということ。

全体的によく出来たのですが、原価計算で単純な計算ミスから計算の入り口を間違えたので、
概ね3分の1が✕になるミスをやってしまいました。

冒頭で間違うとその後は芋づる式に点をロスするのが、
工業簿記・原価計算の特徴なので、十分注意しなければいけなかったのですが、
ついにやってしまいました。

これが取れていれば十分合格ラインだったのに…

なので、もし不合格だったとしたら、明確にこのミスが悔やまれることになると思います。

それ以外の部分では、

商業簿記
たぶん来ると思っていた連結修正仕訳は今回はバッチリ取れました!(たぶん)
ただ、全く計算に影響しない情報がいつもより多かった気がします。
満期保有目的債券の時価が与えられていたり(簿記2級か!?)
増資しているのに、何もしなくていいとか、
利息等がおそろしいほど「適正に処理されている」だったこととか、
貸倒懸念債権のキャッシュフロー見積もり法の引当金まで与えられていたのは意外。。。
株式交付費と社債発行費等を繰延処理してしまったのが、悔やまれる・・・・

会計学
前半の◯✕理論が予想外に出来ていなかった。
それ以外は割りとできているだけにここの配点が気になる・・・

工業簿記
苦手な工程別。
でも、前日に過去問を解き直したおかげでだいぶ対応は出来た。
大小13問の構成でしたが、記入量の多めの3問壊滅、他はほぼ正解。
果たして配点がどうなっているか…

原価計算
なんと、原価計算にも◯✕理論(間違いの理由記入つき)が!
まぁ、中身は半分計算問題だったので、1個以外は出来た!
しかし、何と言っても前述のミスが痛い。。。
他はほぼできているが、果たしてどうなるか…

総括すると、会計学の◯✕理論、工業簿記の大問3つ、限界計算のミスが大きかったが、
果たして、どう出るのか。

問題の難易度自体はそこまで高くなくて、むしろ「何かしないといけないようなカンジはするけど、
何もしてはいけない問題」が多かった気がします。

応援してくださったみなさまありがとうございました!
スッキリ「出来ました」といえないのが申し訳ないこんな私ですが、
今後共応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. ゆっきー より:

    ありがとうございます!
    不安と期待の2ヶ月になりそうです。
    ARATAさんのコメントには何度も勇気付られました!
    これからもよろしくお願いします^_^

  2. ARATA より:

    試験お疲れさまでした。全経は日商よりも傾斜配点が大きいですから期待が
    もてますね。
    しばらくはゆっくりして吉報を待ちましょう!