このもどかしさを超えた先にあるもの

税理士試験3年目にして一番つらい日が続いています。

成績とかを考えたら、1年目(簿財)の1ヶ月遅れでスタートの時や、昨年(法人税)の週3日の時の方が悪かったですし、あの頃もあの頃で大変なことがありました。

今年が一番つらいのは、「もどかしさ」という意味でつらいことが多いです。

仕事、勉強、プライベート…

自分の出来る限りの努力をしても、それだけ時間を分散しての話なので、割ける時間と能力の限界を感じることが多いです。

自分と周りが求めているレベルのものを自分が出し切れていない現状がもどかしいですね。

1日は24時間しかないのならば、あとは効率を上げるしかない。

全部・何でもかんでも上げることは無理かもしれない。

でも、できるものだけでも効率が上がれば、そのことに割ける時間も増える、もしくは他のことをする時間にも充てられる。

だから、自分がもっと頑張れれば、もっと色んなことが出来るのに…

そう思ってばっかりの日々です。

でも、このもどかしさに耐えて、乗り越えた先に、自分の望む未来があると信じて。

がんばります。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。