踏み出す勇気

今週からついに2017年シリーズが開講しました。

まだオリエンテーションや導入的要素が強いので、大変とかは無いですが、これから徐々に大変になっていくので、気を抜かないようにしないと…と思っています。
今年の受験が終わって意識が変わったのは「困難でも挑戦をすること」「結果が出るまで諦めずに続けること」です。
なので、働きながらは絶対厳しいと散々言われながらも相続・消費、法人ががダメなら法人・相続にすると決めました。
法人がどうなっているかはすごく気がかりですが、色んな人の影響もあって、ダメならダメでまた受ければいいし、その悔しさは合格で晴らすしかない、ということを教わりました。

なので、決めたこと。

法人が合格してれば3年官報へ向けて邁進しますし、法人がダメなら今回は法人・相続にして、来年秋から所得・消費を始めます!
つまり、法人の成否により来年の三年官報か、再来年の国税四法による6科目官報を目標とします!

今年がダメなら来年受ければ良い、ただ転んでもタダでは起きないようにしたい。

悔しかったら倍返ししてやる、そんな気持ちです。
いや、大変ですし、可能性の低さは重々承知しています。

ただ、目標は困難な方が燃えますし、そうすることでダメでも低い目標設定で頑張るよりはきっと目指すゴールは近くなると思ったわけです。

これだけ大口叩いておいて途中でへこたれて目標下げたら笑ってやって下さい(>_<)
税理士試験は長期戦なのでモチベーションの維持の仕方が大変だと思います。

これは私の考える合格への最短距離であり、最短がダメでもモチベーションを保ちつつ合格まで歩み続ける方法だと思ったからです。
なので、これからもっと大変になっていくと思いますが、これからも全力で頑張ります!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    目標を下げることは自分に甘いのではなく自分の能力を適切に評価できる人間の証拠だと思います。
    なので目標を下げる事になっても堂々としてればいいと思いますよ。

    仕事をしながらの二科目、大変だと思いますが、ブログを拝見している限りそれを成し遂げられる方だと思います。
    これからも応援しております。

    • ゆっきー より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます。

      仰るとおりで、自分に出来る最大限というのが大事ですよね。
      そのためには自分の力量を把握して、それに合った目標設定というのが大事だとコメント拝見して感じました。
      税理士試験を受ける方は本当に多様な方がいて、常人の沙汰とは思えないような方もいらっしゃるので、つい自分も!と無理なことを考えたりしてしまっていました。

      応援頂きありがとうございます。
      成し遂げられるように頑張ります!

      これからもご覧頂いけると嬉しいです!

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。