会計事務所への転職②「転職活動」

ということで、会計事務所への転職活動をすることにしました。

転職活動に要した日数は2週間でした。

おおまかな流れは

1日目

人材ドラフトなどいくつかのサイトを見て、給料や勤務体系などの相場観をざっくり知る。

次に自分の希望する条件、妥協しても良い条件、気にしない条件を求人情報を比較しながら決めていく。

その中で実際に話を聞いてみたいと思った8社ほど応募。

税理士法人・会計事務所の形態にはそれほどこだわらず、規模も10人弱~数十名のところまで幅広く受けました。

2~3日目

今はネットでそのまま書類選考が進むので話が早いですね。

サイトの情報、もしくは履歴書等のメール添付でほとんどのところが書類選考完了。

8社すべてから書類選考通過と面談日時の調整の連絡があり、その日のうちに近い日程から順次調整。

4~11日目

全8社面接→8社全てから採用通知。

ほとんどがその場か翌朝には採用通知を頂きました。

早いところは書類段階である程度採用を決めてくださっていたようで、面談の段階で給与等の条件交渉を始めるところもありました。

売り手市場とは聞いていましたし、応募段階である程度自分に合ってそうなところに絞って応募したのもありますが、予想以上でした。

12日目

8社のうち、実際に話しを聞いてみて、そして条件を比較して明らかに無いと思った6社にお断りの連絡をする。

そのうち3社は諦めきれないらしく、条件調整に応じるということで再度比較してほしいとのこと。

この3社を含めた5社で条件比較。

13日目

最終候補2社にそれぞれ不明点の確認。

他3社にはお断りの連絡。

14日目

不明点の連絡があり、検討の結果、確定、もう1社へはお断りの連絡。

大変だったのは応募管理ですね。

短期集中で決めるつもりで日程も一気にやったのもありますが、仕事をしながらなので連絡取り合うのに多少苦労しましたし、面談も仕事終わりの遅い時間に調整してもらったりもしました。

採用にあたって私が重視したのは「勉強が出来る環境であること(予備校への時間調整、社内に受験生がいるか?など)」「事務所としての将来の展望」「有資格者が出たら(増えたら)どうする予定か?」、そして「いわゆるお局様的存在の有無」でした。

特に最後のなんかは直接的に聞くことも出来ないので会話の中で自然に確認するようにしています。

有資格者が出たらどうする予定か?については支店展開するのかチーム展開するのか?等ももちろんそうですが、受験生ブログの筆者的な話を少しすると「有資格者をどれだけ欲しているか?」を確認したいという目的も有ります。

また、今回私は面談段階で候補として残りそうな法人・事務所については全て社内見学と他社員との面談をさせて頂きました。

これには理由があって、私自身が採用をしていた経験則から言うと「採用は人事にとっての営業のようなもので、いかに自社をPRして優秀な人材を取るか?」というスキルが実際あります。ある程度営業が出来ればそれは自然の会話の中でそうすることが出来ますので、それこそ社長・所長や採用慣れしている人事担当者なら、良い人材をトークと饒舌な説明で惹きつけます。

ですので、社長・所長と話をしていく中で、事実であろうこと、多少の誇大表現になっていると思われるところ、うまく話を逸らそうとしているところを判断し、明確になっていない部分については社内見学と他の社員の方とお話をしていく中で判断できる要素を聞くようにしています。

今すぐ転職しなければいけないわけでもないので、長期的にじっくり…ということも出来ましたが、転職活動だけにそこまで時間を割けない(むしろその時間があったら勉強に充てたい)というのと、応募をする段階で「この中であればどれかには行っても良さそうなところがあるな」と思ったため、十分満足できる転職活動になると思えたので必要以上の応募や長期的な活動はしませんでした。

また、「もし、来てくださるなら◯◯します」や「他がその条件であれば、うちは◯◯までなら対応します」など、途中から採用通知を出したところによる条件交渉合戦みたいになってきたため、内定を受諾する1社以外に非常に申し訳ないというのも多大にありましたが。

法人受けたとは言っても合格済みで言うとまだ2科目ですし、一般企業からの転職なので即戦力でもありませんが、それでもこれだけのところから(かなり)熱心にお声を頂いたのは嬉しいことですし、同時に会計業界空前の売り手市場というのを実感できました。

だから、もしこれから転職・就職活動をされる方がいらっしゃれば、追い風の時期ではあるので、「採用してもらう」ための活動というのではなく、よく比較・確認をして「納得できるところ・ここなら頑張れるところに出会う」ための活動と思ってがんばって頂きたいと思いました。

さて、転職活動も終わりましたし、9月になりましたので、そろそろ第67回 税理士試験へ向けての勉強をはじめなければ!

ということで、これからもよろしくお願いします!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。