ケアレスミスとの勝負になりそう

本試験前最後の週末を迎えました。

勉強の進捗としては当初予想していたより良い所まできたと思います。

ただ、タイトルの通りの状態です。

理論はおそらく大丈夫。

どのランクから出されても、それがベタでも事例判例でも、です。

唯一困るのは、最近の法人税の本試験の傾向からすればないとは思いますが、Aランクの理論をひたすらベタ書きする問題で一言一句の勝負になったら「てにおは」などで怪しい論点はありますので、それで引けを取る可能性はあります。

そして問題の計算。

当初捨てる論点は結構出るだろうとは思っていましたが、当初の想定よりは出ても解ける論点がほとんどでした。

ただ、問題が、ケアレスミスがなくならない…

最初に解いた時から進歩していないならまだいいんですが、最初解いた時はちゃんと解けたものをうっかりミスしたりもするので、本当にどうしたものか…

ミスと言っても処理が分からないとか、自信なく回答したらやっぱり違ったとかじゃなく、単純に問題文や資料の見落とし、数字の見間違いによるものが多いです。

なので、ちょっと電卓叩いて転記するだけというものですらミスしています。。。

聞いた話では直前期の勉強ストレスによるもので、ストレスがなければそういうミスは減るという話も聞きます。

確かにそれはあると思いますし、それ以外でも例えば周りがうるさかったりなどで集中できない環境の場合にミスが増えたりするので、本試験会場ならまた違うかもしれません。

ただ、このミスり方は本当にそれだけ???と疑心暗鬼。

本試験でやらなければいいんですが…

なので、私の本試験は

計算でケアレスミスをいくつに抑えられたか?

に懸かっている状態です。

この際、難しそうな論点一個まるごと飛ばしてでも、落ち着いて見直しながら回答して回答した論点の精度を上げる、というのも考えたのですが、思考停止型でかつ猪突猛進タイプの典型である私に「論点を取捨選択する」という高等技術が出せるかどうか…(苦笑)

昨年の簿記論も「満点当たり前」という声すら聞こえた第一問のストックオプションで処理は分かっているのに数字見間違って2箇所点飛ばしちゃうくらいですし…

(これに関しては何名かに「あれ間違えたんですか!? それでよく合格できましたね」って驚かれたので、早く忘れてしまいたい…笑)

ケアレスミスにも原因はあるとは思うのですが、対策が難しいですよね。

知らない論点があるから解けない、というのであればその論点を勉強すれば解決します(もちろんこの時点で解けないくらいですから苦手なんだと思うので、それを習得するのも楽ではないですが)

ただ、論点・難易度・内容を問わずやるおっちょこちょいミス…

これの対策どうすればいいの…?

でも、それを容認していて合格できるとも思っていないので、ミスした状況をしっかり振り返り、原因と対策を練ろうと思います。

う~~ん、頑張ります。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。