大原全国模試の結果

大原の全国模試が返ってきました。

各校で教わる内容はちょっとずつ違いますし、力の入れる論点が違います。

何より、資料の出し方が学校独自なので、自分の学校で答練で上位の人も他校の問題だと平均点前後、というのは往々にしてあるようです。

なので、成績はそこまで期待しないで、出された問題を解き直ししてきちんと理解すれば良いかな、と思っています。

が、今年は結果にこだわる一年と決めているので例え他校の模試であっても、同じ法人税の問題ですし、資料の読み取りがしづらいとか、自分のところがやっていない論点出してくるとか、それだけの理由で撃沈はしたくない!!と思い、結構気合を入れて臨みました!

受けた当時の記事を読まれた方はご存知かもしれませんが、頭痛が酷かったので体調はそんな意気込みと遠いレベルのものでしたが)

さて、結果は

上位13%

でした。

これだけ見ると「頑張った!」って言えるんですが、正直すごくモヤモヤしてしまいました。

自己採点で「このくらいの点数かな」と思ったのと計算がやけに点数が違ったので、答案を見なおしてみました。

そしたら、採点ミスか学校の違いによるものかは分かりません(たぶん両方)が、TAC基準で考えると科目名・金額ともに合っているので日頃の答練だと◯がもらえるところで◯がない箇所がいくつか…

いくつかはTACと大原で科目名が違うのを模範解答通りに採点して×にされているのかな?と思うものもあり、明らかに採点ミス(科目名・金額ともに合っているのに◯し忘れている)と思われるものもあり…

他にも「これダメなの??」と思う部分もありましたが、上記のものだけで7点削られてました。

大原受講生に聞くところによると計算の採点はバイトの人がしていたりするので、杓子定規に模範解答通りの採点しかしない人もいるかも、とのこと。

TACでやらない論点目白押しで正直「厳しいなぁ~~」って思いながらも必死に解きましたし、手応えも体調が悪いなりには良かったので、結果にも期待したのですが・・・

まぁ、出された結果ですので、受け入れます。

本試験もこのような採点ミス・漏れが無いとはいえませんので、「採点ミスはされるものだ」くらいの気持ちでいるべきなんでしょうけど。

そして、何より採点でどうこう言う前に

税務仕訳で漢字間違えて4点減点
中間申告分法人税の書く場所間違えて1点減点

という自分のマヌケぶりを改善した方がよっぽど良いですよね(汗)

反省点は色々ありますが、まずは他校模試で良い順位を取れたことを喜び、反省すべきを改善して残りの日程を頑張ります!

んっ?TACオープン模試の結果??

まだ返ってきてませんが、まぁ、難問奇問でしたからね~、期待出来ませんね~(苦笑)←理論でやらかした人

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。