理論をひたすら繰り返してます

理論は少しずつ覚えてきていますが、まだまだ問題解けるレベルにないことを思い知ってる最近です。
先日も修繕引当金の問題で計上根拠となる部分をごっそり抜かして大っきな減点くらいました。
講師の方からも「文章の流れも良いし、分かりやすいから◎をあげたいくらいの解答なんだけど、逆に重要な単語が抜けてるから、下手すると×が付いてもおかしくない」って言われました。
ダメダメですね。
ということで財務諸表論の理論をひたらすら繰り返してます。
何度か読んだところなのに、覚えてなくて「なんて物覚えが悪いんだろう…」って凹みながらですが、頑張ってます。
覚えても忘れていくわけですから、ちゃんと覚えられる日って来るんだろうか??

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. はむ より:

    理論ってほんとにそうですよね!
    さっき逆算してみたら合格のための標準時間まで足りないことがわかってあせってます。笑
    ただでさえ新しいとこやると全然覚えれないのに。
    文章の流れがいいのはうらやましい!たまに自分でなに書いてるかわからない時とかありますし。

  2. ゆっきー より:

    はむさん
    いつもありがとうございます。
    勉強時間、逆算されたんですね。
    定着率や勉強の質など、単純に時間だけでは測れない部分もありますが、
    時間との勝負って結構焦りますよね。
    私も、だんだん焦ってきてます(苦笑)
    正直、この進捗で本試験レベルの問題が解けるのか!?って。
    何書いてるかわからないのは私もよくやります。
    書いてる途中で全部書き直したくなったりとか、
    ある程度書いたところで途中で書くべきことが抜けてることに気づいたりとかも。。。

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。