事後原価率、要は出ないってこと?

今週は仕事が遅かったので授業出られずDVDフォロー。
先日個別問題で解いて初めて見た
「事後原価率」について、授業でやりました。
総売上高から返品分を引いたのが、事前原価率の計算基礎。
更に値引き・割戻しを引いた純売上高が事後原価率の計算基礎。
なるほど。
でも、値引き・割戻しを加味して計算しないといけないので、期末にしか原価率が出せないので、仕入れた商品をいくらで売るのか?を決めるためには使えない。
ということは財務分析にしか使えない=一般的ではないようです。
ということは覚えても出ない??
もちろん絶対に出ないとは言い切れないんでしょうけど、確率論からすると低いわけで、「これ覚えるくらいなら他の論点に力を注いだ方がいい」らしいです。
こういう論点て、出るとあーでもないこーでもないと悩んで結構時間掛かるんですが、結果「試験では出ません」と一蹴されるものが少なくないので、たまに悲しくなりますね(T . T)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。