来年の科目選択について②

前回の記事以降も色んな意見を頂いたのですが、考えていなかった意見もいろいろ頂いたので、ご紹介します。

※何にするかはまだ決めていませんので、あくまで他の方から頂いた意見です。

とりあえずまずは気になる頂いた意見の結論からご紹介!

所得消費
所得住民
所得事業
相続消費
相続国徴
相続事業
消費事業
消費国徴

※順不同

…お気付きでしょうか?

文字の色はなるべく理論マスターの色に近づけたことを!!

……

どうでもいいですね。

すみません。

さて、科目についてですが、まず意外だったのは

所得税を勧める人が意外と多かったこと

です。

そして、事業税・住民税についてはよく言われる「知識面で事業税は法人税とのリンク、住民税は所得税のとのリンクがある」ため、すでに法人税を勉強している私にとっては事業税という選択肢はアリじゃないか?ということと、もし所得税をするなら合わせて住民税を選択するのもアリということで候補に挙がったようです。

この案を聞いた最初の印象としては

①所得・消費

所得税も法人税並みのボリュームと聞きますが、これがこなせるようなら今年そもそも法人税1科目にしてないって…って思いました(苦笑)

②③所得+住民or事業

上記の法人税・所得税との知識のリンクということだと思います。

所得税のボリュームに加えて…というリスクはありますが、関連性から言うとアリかな…とは思いますが、そもそも所得税1科目でもかなりキツイ気もしますが。

④⑤⑥相続+消費or事業or国徴

相続を何としても受けたい場合の科目選択ですよね。

相続をどうするかはまだ悩み中です。

⑦⑧消費+事業or国徴

2科目受けるならボリュームからするとこの2つが一番現実的だとは思います。

事業税と国税徴収法がイマイチピンときていないので、果たしてこの科目選択で1年勉強続けられるか?という謎も有りますが。

まぁ、まずは来年の可処分時間との兼ね合いかと思うので、それをしっかり見極めたいとは思います。(今年は結構時間が取れるつもりで思うほど取れませんでしたので)

そして、何より法人税の結果次第でもあるので、何としても仕留めるべく頑張ります!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。