データがほしいと思う日々

これは受験を始める前から思っていたことですし、おそらく多くの方が思われることだと思うんですが。

「税理士試験受験生の勉強時間等の統計データがほしい」

と最近切に感じています。

もちろん、このデータが何を指し示しても、それによって自分の未来や結果が変わるわけではありません。

ですが、闇雲に何の根拠もなく計画を立てるよりはよっぽど良いですし、参考や指標にはなると思うんです。

まぁ、仮にアンケート等を取ったとしても

どれくらいの人が答えてくれるか?

どの程度正確な回答であるか?

それを集計した者(おそらく受験予備校)が公表できるか?

という問題はあると思います。

公表しないについては、よく言われる科目ごとの勉強時間にしたって「理論の暗記の時間を含まない」「個人差がある」と注記されていますし、実際この時間内で合格される方は非常に稀と言われています。

例えば、簿記論が450時間とありますが、実際に統計を取ったら1,000時間でした!!

法人税が600時間とありますが、理論暗記の時間とかも含めた上できちんと集計したら3,000時間でした!!ってなったらおそらく受験予備校は公表しないと思います。

仮にそれが事実だとしてもそれを見たらおそらく受験生が減るでしょうから。

私だって仮に「5科目合格までに10,000時間掛かります!働きながらだったら10~15年!」とか全く知らない段階で言われたら受けるの躊躇しますもん。

なので、おそらく正確なデータを集計・入手することは困難なんだろうな…と思いながら、数少ない他の方のブログ等で情報収集して、それを自分と比較し、自分だったらという補正を加えながら計画を立てています。(といってもそこまで綿密なものでもありませんが…)

昨年の簿財でも思いましたが、法人税の勉強がこのペースでこのやり方で良いのか?常に疑問を持ちながら、そして来年の科目を考えながら、このままで良いのか???といつも思っています。

自惚れ半分で言うと、法人税一発合格の可能性はまだ残っているし、もしかしたら出来るんじゃないか?という期待もあります。

決して努力していないわけではないですし、100点満点ではないにせよ自分なりに精一杯には頑張っているつもりです。

とはいえ、働きながら法人税に一発合格できるものなのか?

それが私くらいの人間がこの時期にある程度実感として持てるものなのか?

という疑問があるわけで。

…単なる自惚れと慢心のような気がしてきたので、素直に勉強頑張ります!(笑)

でも、こういうときデータがあると指標になるから良いな!と思ったのでした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    同感です。
    間違った情報ばかり見に入るせいで地獄にはまる方が多くなっているような気がしますね。
    自分はstudyplusというスマホアプリで科目合格済みの方を検索して調べてみたりします。
    利用者が多くてモチベーションも上がるので是非試してみてください。

    • ゆっきー より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます。
      他の資格試験でも「◯ヶ月で合格可能」などの目安がありますが、例えば簿記や宅建などに関しては比較的その期間で合格することが可能だと思います。
      ただ、税理士試験はあまり目安になっていないというか、実際との乖離が激しい気がしますね。
      難しい資格故にバラつきも出るとは思いますが。。。

      また、アプリのご紹介ありがとうございます。
      モチベーション管理はこの長期的な試験では本当に大事ですので、良い方法ご紹介頂いて嬉しいです!

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。