勉強時間の錯覚

通勤電車の中、そして最近昼休みに理論を少しずつ勉強しています。

まとまった勉強時間が取れない中で、こうやって少しでもやるのは大事なこと!と勝手に思っています。

ただ、これでマイナス要素が2つあるんです。

一つは「勉強した気になる」こと。

もちろん、勉強はしていることにはなるんですが、時間としては本当にわずかですので、実際の勉強量・時間からすると全然大したことありません。

こういうスキマ時間は有効活用するのは大事ですが、先の記事の通りで、そもそもの勉強時間をしっかり確保するほうが大事ですし、それが出来た上でのプラスアルファ的な時間の使い方だと感じています。

もう一つは「計算が出来ないこと」

電車の中でトレーニング解いたこともありましたし、昼休みに公園のベンチでもトレーニング解いたこともありましたが、正直非効率でした。。。

それなら、この時間は理論の暗記に使った方が良いと思い、今では電車と休憩時間は理論メインです。

となると、計算の勉強時間がホントに取れない。

ということで、やっぱり退社時間を早くすることを頑張りたいと思います。

そして、朝勉強もそろそろ再開したいと思います。

3ヶ月半。

いよいよ直前期!

頑張ります!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。