上級演習⑩

法人の上級演習も早いもので10回目となりました。

ここ数回、なかなか成績が上がってないので、そろそろ挽回していきたいところだったので、(気持ちだけ)頑張ってきました!

理論は棚卸資産の取得原価、海外税制、そして為替予約

棚卸資産は頭が若干ボーッとしてたのか、何を書くのかちょっと迷ってました。。

製造とかあるから、工事進行基準?とか。
ですが、書き始めたらここはスムーズに書けました。

この辺のベタ理論は予告無しでも、それなりには書けるようになってきました。ただ、ところどころ意訳してしまってるので、言ってることは合ってますが、どれだけ認められるか…?
海外税制は海外税制で覚えられる気配のないタックスヘイブンじゃないのでかろうじて書けました。

1箇所だけ、1文字余計な言葉が入ってるのはご愛嬌で(笑)
意外に苦戦したのは為替予約。

覚えてると思ったのですが、書いてみると意外と手が動かない…

一応書くべきことは書いた気がしますが、どれだけ減点されるか…?
たぶん、45〜48点くらい?(甘いかなぁ?)

計算は同族・特待同族の判定からですが、ドキドキしましたね。

結果的に合ってたのですが、持株会が久しぶりに出てきたのと、完全支配関係があるかどうか?、そして被支配会社に当たるかどうか?について悩みました。

でも、これを合わせられたのは自信になりました。

貸倒引当金も交際費も出てきてたので、これを間違うと致命的でした。

そして、今回のメインテーマだったであろう租税公課の仮払処理は意外と迷うことなくクリア。

にも関わらず、直後の借地権をそんなに難しくないのにミス。。

そして、苦手な役員給与は前回ほど変なミスではないにしても、決して難しくないのに不相当に高額な部分を形式基準なのに、使用人部分足して×
役員給与はホントに復習する時間取らないと…

そして、減価償却は解き方というやり、日本語がよく分からなくて(苦笑)失点しました。

処理は簡単なんですが、修正を決算調整でさせたいのか、申告調整でさせたいのか?に悩みました。。

そして間違いました(* >ω<)
合計で85〜89点くらいでしょうか?
周りが20分以上残して終わってたので、もしかしたら平均点も高いのかもしれませんが、点数自体は結構良い点が取れたので、安心しました。
ここのところ低迷気味でしたが、何とか挽回の糸口にはなった気がします!
よし、来週も頑張ります!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。