勉強時間の谷は超えたのか…?

最近忙しいしか言っていない気がする埋没受験生ゆっきーです。

余談ですが、「埋没受験生」に大した意味はありません。

ドロップアウト感を出したいので入れてみました。

ちなみに合格する気はまったく萎えていません。

よく「自虐」「過小評価」と言われますが、今の自分を客観視するとそう思うだけなんです。

今の私が勉強全然出来ていないし、先生に言われたことやれてないし、成績も良くないしで、客観的に見ても「ドロップアウト気味」で間違いないですから。。

ですが、昨年財表もこれくらいの成績でしたし、理論が手がつけられないほど点数が悪かったので、それに比べればまだ可能性はあるんじゃないか?という淡い期待も持っていたりもします。

さて、本題です。

勉強時間の記録をざっくりつけているのですが、1週間単位で勉強時間を見ると、年明けから徐々に勉強時間が減っていました。

そして、講義の時間とほんの少しの自習時間くらいに減ってきたところが2週間前。

そこから徐々に勉強時間が上向き始めたので、勉強時間の谷は超えたのかもしれません。

もちろん、まだしばらく忙しい日が続きますが、ここから少しずつ勉強時間も伸ばしていきたいと思っています。

社会人受験生ですし、残業も決して少なくはないです。

学生の方、専念の方、もしくは社会人受験生だけど残業が比較的少ない方からするとどうしても勉強時間という点では劣ってしまいます。

それをカバーするためには効率と集中力を上げる必要がありますが、限度はありますし、何より前述の方々がそれを追求していないか?と言われるともちろんNoでしょうから、効率と集中力だけで差別化・カバーするのは難しいと思われます。

だからこそ、ある一定ラインくらいは勉強時間の確保はしなければ合格ラインには乗ってこれない。

だから、「勉強時間を確保する」努力もやっぱり必要と感じています。

言うは易く行うは難しですが、少しでも出来るように週末、そして来週からも頑張ります!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。