法人上級演習③

法人上級演習③受けてきました!
色々やらかした部分あるので、内容振り返りたいと思いますので、まだの方はご注意下さい。

理論

減価償却はソツなく解答できたと思ったのですが、少額減価償却資産で、取得価額10万円未満のためとしか書かず、使用可能期間について書き忘れ…
繰延資産はノーマークだったので見て「マズイ」と思いましたが、意外とちゃんと書けました。
使徒秘匿金は書かなくていいことも多少書きましたが、必要な事項は全て書けました。余計なことを書いたことによる減点が怖いところです。

計算

もうね、迷ったら直感を信じるべきですね。

評価損が計上できるかについて、最初合ってたのに、迷って両方書き直したら最初の方が合ってたという目も当てられないミスで2点減点。。

期中増資したため、資本金が期首1億円、期末1億円超なのをよく見てなくて、特定同族会社の判定や貸倒引当金を気付いた後で書き直すというロスタイム…
貸倒引当金丸ごと飛ばそうとして未収利息にラスト3分で気付いたのはファインプレーでした。

減価償却は月数数え間違いやら、特別償却の償却率間違えやらで大したことないはずなのにボロボロ…

収容は最終的に合いましたが、途中まで勘違いして差益割合を必死に計算してた私はホントに何をしようとしてたのでしょう。。
理論の採点は分かりませんが、たぶん85〜90点の間くらいだと思います。

納付税額まで合った人もいらっしゃるみたいですし、周りはほとんど余裕で終わっていたので、平均点は高そう…
ここまで良い感じで来れているので、しっかり復習して来週挽回します!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。