理論のアウトプット開始のタイミング

年明けから理論マスターを地道に覚えています。

基本的な論点や繰り返し練習している論点がようやく少し覚えられたくらいで、まだまだインプット不足ではあります。

とはいえ、本試験まであと200日を切りました。

いつまでもインプットだけしていてもアウトプットできないのでは本試験は解けません。

じゃあ、いつからアウトプットを始めるのか?

全く定着していない今からでも少しずつするべきなのか?

それともせめて書けるようになってから、内容を理解してからアウトプットを始めたほうが良いのか?

ちゃんと覚えてからアウトプットすべきなのか?

…全く分かりません。

個人的な考えとしては少しずつアウトプットを始めるべきのような気もするのですが、懸念していることが一つ。

インプットが足りてない段階でとりあえずアウトプットを始めると、アウトプット用の教材(理論ドクター)の答えを理解もしてないのにまる覚えしてしまう可能性があること。

つまり、なんでそうなっているのか?はわからないけど、「非適格合併で合併法人株式の取得価額は?」と聞かれたら「取得の時におけるその取得に通常要する価額」と答えるようになる。

なぜ、そうなるのか?は全く無視して。

そうなると理解も何もなく、本試験で同じことを聞いてくれないかぎり答えられない可能性もある。

とはいえ、理論問題で「アウトプット不足」や「応用理論対策ができていなくて解けなかった」という話も聞くので、応用理論対策はしていかないといけない。

う~~ん、悩みますね。

まだそのタイミングではないと思うので、しっかりインプットの精度を上げたいところですが、応用理論対策を開始するタイミングは考えておきたいと思います。

…まぁ、まずはもう少し理論でも上位取れるようになってからですね。

何と言っても理論2-1で益金の額・損金の額で「その事業年度の」を抜かした理論ビギナーですので…(苦笑)

週末の答練はまた理論有りなので、しっかり書けるように頑張ります!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。